老後の趣味にも!初心者におすすめの釣りの楽しみ方【簡単な始め方も】

「このまま老後を迎えると、あまり楽しめる趣味もないし、むなしい時間を過ごしてしまいそう…」

人生100年時代とも言われる今、ますます長くなる老後のことを考えて、そんな思いをもつ人も多いかもしれません。

 

「何かよい趣味を持ちたい!」と考えている人に…

老後を楽しむ!おすすめの趣味9選【お得な情報や体験談も】」の記事でも紹介している通り、釣りは特におすすめしたい趣味の一つです。

 

「釣りは興味あるけど、何か素人には敷居が高そう」

大丈夫。誰でも最初は初心者です。それにこの記事で、きっと楽しめる始め方も教えます!

 

実は私も釣りには興味があったものの、始め方が分からず、かなり長い間迷っている時期がありましたが、40歳を過ぎてから海釣りにデビュー。今は大体1年に1回ほどのペースでゆっくり釣りを楽しんでいます。

 

そんな私が、今回誰でも気軽に始められる方法について紹介していきたいと思います。

関連記事

定年を迎え、リタイヤした後は自由な時間が大幅に増えるという人が多いでしょう。 定年後に再雇用や再就職で働き続ける場合も、今までよりも労働時間が短くなることが多いと思います。仕事も趣味も充実したワークライフバランスが実現できると理想です[…]

老後を楽しむ!おすすめの趣味9選【お得な情報や体験談も】

 

釣りの魅力とは?【おすすめしたい理由】

私は、新婚旅行で行ったモルディブでたまたま参加したフィッシングツアーにて、糸にエサをつけただけの仕掛けで、大物の鯛を釣り上げることができた時の興奮と感動が忘れられず(その後、捌いてもらって食べた刺身の美味しいこと!)、「日本の海でも海釣りをしたい!」と、長年憧れていました。

では、まず釣りを趣味としておすすめしたい理由を挙げてみます。これらがまさに釣りの魅力でもあります!

奄美大島で釣った大物!
奄美大島で釣り上げた時の一枚。この後、地元の居酒屋に持ち込んで捌いてもらいました。

 

何が釣れるかという期待感

釣り場に向かうときから「何が釣れるか」との期待感が膨らみますが、実際に釣り糸を垂らして当たりがきた瞬間や、釣り上げて魚の姿を目にする時の興奮と高揚感こそまさに釣りの醍醐味!

もちろん狙った獲物を釣り上げるのも嬉しいのですが、時々意外な獲物が交じるのも楽しいものです。

アジを狙ってサバが釣れたり、キスを狙ってハゼ(小さいのでリリースします)が釣れたりすることはよくありますし、長男はカサゴ釣りで子タコを釣ったハプニングもありました。
その時は周りの人も驚いて、釣り船全体が笑いに包まれ、とても和やかな雰囲気になったのを覚えています。

 

海の幸を楽しめる

私はもっぱら埼玉から都内に出て、東京湾で海釣りを楽しんでいます。

そして、釣り上げた魚は、刺身、煮魚、ムニエル、唐揚げと色々な調理法で美味しくいただきます。私は料理が趣味の一つなので、調理をするの時間も楽しいひと時です。

正真正銘、江戸前の新鮮な海の幸をいただけるなんて、とてもぜいたくですよね。

 

自然とのふれあいや景色を楽しめる ‐ 船釣りではクルージング気分も

釣り船ではスポットに着くまで、のんびりおにぎりを食べたり、コーヒーを飲んだりして、クルーズ気分を楽しむこともできます。

東京湾で船が疾走している途中、羽田空港から飛行機の発着が見えたり、アクアラインや海ほたるなども見え、神奈川、東京、千葉をぐるっと見渡す景色を楽しむことができます。

 

釣りの始め方 ‐ 初心者には釣り船の利用がおすすめ!

そんな魅力いっぱいの釣りですが、「どのように始めればよいか分からない…」と思う人もいるでしょう。

気軽に簡単に楽しめる方法としては、釣り船の利用がおすすめです。

実際に、私も毎回乗り合いの釣り船を利用していて、以下の利点が挙げられます。

 

釣り船をおすすめする理由

①竿やエサなど、必要なものを準備してもらえる

釣り竿などの道具もレンタルできることが多いので、準備に手間と時間をかける必要がありません。

必要な仕掛けも受付で買えるところが多く、エサやクーラーボックスに詰める氷も準備してもらえるので、とても楽です。

 

②釣り方を教えてもらえる

魚によってかなり釣り方が異なるのですが、船長や船宿の人がていねいに教えてくれます。

例えば、シロギス釣りの場合、「おもりが一度底に着いてから、トン、トンとリズミカルに底に当てて喰い付くのを待つ」といったコツなどを教えてくれます。

その他、釣りの最中に困ったことがあればすぐに助けてもらえるので、とても心強く、安心して釣りを楽しむことができます。

 

③釣れるスポットに連れて行ってくれる

せっかく勇んで釣り場に臨んでも、ボウズ(釣果ゼロ)だととても空しいもの。

「海に釣り糸を垂らしに行っただけで、終わってしまった…これで釣りに行ったと言えるのか?」と思ってしまうほどです。

その点、海のプロが連れて行ってくれるスポットであれば、かなりの釣果が期待できます。

実際、私は4回釣り船を利用しましたが、何も釣れないまま終わったことは一度もありません。というか、いつも10匹以上釣り上げています。

一緒に参加する子供たち(次男が最初に海釣りをしたときは、まだ小学2年生でした)も、毎回必ず自力で釣り上げて楽しんでいます。

釣り船には男性だけでなく、女性の参加も多いですね。夫婦で参加している人たちもいて、いいなあと思いながら見ています。
(私の妻は、あまり釣りに興味がないようなので)

 

釣り船を利用する際の留意点

一方で、釣り船を利用する際の留意点も挙げてみます。以下の点も踏まえて、自分に合っているか判断してみてください。

費用が若干高め

1人7000円台から1万円くらいが多いようです。ただ、半日は楽しめるので、そこまで割高なレジャーではないかなという気がします。

なお、女性や中学生以下だと割引(場合によっては半額も)になる場合が多いので、夫婦や家族で楽しむのもおすすめです。

 

船酔いしやすい人は注意

かなり船揺れすることがありますので、乗り物酔いをしやすい人は注意が必要です。

実は、うちの次男はかなり船酔いしやすく、特に二度目に釣りに行った時は特にひどく酔ってしまい、大変でした。

 

早朝出船の場合が多い

早朝の出船が多いので、早起きが苦手な人や、家から乗船場まで遠い人は参加しにくい場合があるかもしれません。

ただ、年配の人は朝に強い傾向があるので、老後の趣味としてはむしろよいかもしれませんが。

なお、どうしても早朝に集合するのが難しいという人は、夕方出船する釣り船もありますので、利用するのもよいでしょう。

実際、私もカサゴ釣りに行ったときは、夕方からの出発でした。

 

天候に左右される

天気が悪いと出航取りやめとなることがあるため、あまり早いうちからは予定を立てにくい面があります。

私の場合、候補日の一週間ほど前から天気予報をチェックし、問題なさそうであれば予約するという流れにしています。

 

 

なお、釣りの予約は遊び予約/レジャーチケット購入サイト「asoview!(アソビュー)」 でも行うことができます。

遊び予約/レジャーチケット購入サイト「asoview!(アソビュー)」 はこちら。

 

私の海釣り(釣り船利用)体験談 - シロギス、マアジ、カサゴ

では、より釣りに対して興味を持っていただけるように、ここで私の海釣りの体験談をお伝えしようと思います。

 

シロギス釣り

最初に本格的な海釣りに挑戦したのが、このシロギス釣りです。

 

朝7:00に集合し、釣り方を東京湾(木更津沖)へ出航。釣り方をちゃんと釣り宿の人に教えてもらい、15匹ほどシロギスが釣れてとても楽しめました。

重りをトン、トンと海底に軽くぶつけながら、手ごたえがあったらリールを巻き上げるスタイルで、結構簡単です。

「自分に釣れるかな…」と思う人も、ご心配なく。小学2年生だった次男でも、自力で何匹も釣り上げていました。

 

釣り船の参加者のうち、子どもは次男だけだったこともあり、次男が釣り上げると、他のお客さんが温かく拍手をしてくださいました。

同船していた大学生のお兄さんが、小さいタコを釣り上げた時も船上は盛り上がりました。

自宅に帰ってから、大きめのシロギスはお造りにし、他は天ぷらと塩焼きにして美味しくいただきました。

シロギスを釣り上げた次男
当時小2の次男もシロギスGet!
シロギスのお造り
自分で捌いてお造りにしてみました。

 

マアジ釣り

シロギス釣りから1年後に、今度はマアジ釣りに挑戦。

 

この日も朝7:00に集合し、LT(ライトタックル)という仕掛けで東京湾でマアジ釣りを楽しみました。

この仕掛けだと、うまくいけば一度に数匹釣り上げることも可能。

スポットによって、釣れたり釣れなかったりの差はありましたが、合計で10匹以上連れました。

今回も一緒に乗船した次男(当時小3)は一人で釣っていましたし、一緒に乗船していた他の小学生の子たちも何度か経験しているのか、自分たちだけでガンガン釣っていました。

途中丸々太ったサバを釣り上げる人もいました。サバはマアジよりもかなり大きいので、釣れると結構盛り上がります。

自宅に帰って、その日の夕食に少しだけお造りにし、後は唐揚げにしていただきました。


カサゴ釣り

この時は中学3年生の長男と参加。今回は夕方からの出航で、東京湾でカサゴ釣りを楽しみました。

カサゴ釣りでは、一度オモリが海底に届いた後、少し巻き上げて反応をみます。

長男も慣れると一人で釣り上げ、途中なんと子ダコもGet!

二人でそれなりの釣果を上げて帰宅。この時も大きめのものはお造りと煮魚にし、小さめのものは丸ごと唐揚げにしていただきました。

子ダコも茹でで美味しくいただきました。江戸前のタコなんてなかなか食べる機会ないですよね。

カサゴ釣りの釣果
カサゴ釣りの釣果

 

海釣りの際の注意点

さて、では実際に釣りをやろうと思い立った時に、注意した方がよい点も参考に挙げておきます。

日焼けへの対策

洋上では日差しを長時間浴びることも多いので、真夏でなくてもかなり日焼けします。

日差しが心配な時には帽子や日焼け止めクリームは用意しておいた方がよいかもしれません。

 

防寒への備え

海の上は風を遮るものがないこともあり、気温が低いと感じられます。

以前、7月にアジ釣りに参加した時も、かなり肌寒く感じました。

念のため、夏でも羽織るものは持って行くようにし、しっかり防寒対策はしておきましょう。

 

クーラーボックスの準備

釣った魚を入れるクーラーボックスがあった方がよいでしょう。

帰りは氷も一緒に入れるためかなり重くなります。

特に電車で向かう場合には、旅行用のトランクのように転がして持ち運べるクーラーボックスがおすすめです。

 

まとめ – 釣って、食べて楽しめる趣味!【結構簡単です】

以上で述べた通り、老若男女を問わず、釣って、食べて楽しめる、すばらしいレジャーだと思います。

この記事を書いていたらまた行きたくなってきました…。

定年後や老後の趣味にもぴったりですので、ぜひ、あなたの趣味の一つとして、釣りを加えることを考えてみてください!

 

釣りの予約もできる 遊び予約/レジャーチケット購入サイト「asoview!(アソビュー)」 はこちら。

 

*その他にも趣味を探したい場合は以下の記事をどうぞ。

関連記事

定年を迎え、リタイヤした後は自由な時間が大幅に増えるという人が多いでしょう。 定年後に再雇用や再就職で働き続ける場合も、今までよりも労働時間が短くなることが多いと思います。仕事も趣味も充実したワークライフバランスが実現できると理想です[…]

老後を楽しむ!おすすめの趣味9選【お得な情報や体験談も】
らおd