トイレ詰まり解消!東京、埼玉では絶対この業者がおすすめ!

突然、襲われるトイレの詰まり…。本当に焦りますよね。

我が家では節水型のトイレのためか、年に3~4回詰まっている状況です。これまで何とか自力で直せることが多かったのですが、今回(2020年10月)の詰まりでは久々に業者のお世話になりました。

ネットで調べると様々な業者のサイトを目にしますが、そのほとんどは結果的にかなり高くつく可能性があるので要注意です。

例えば「料金3,000円~」とか「見積もり無料」とサイトに書かれている業者でも、結果的に2~4万円(場合によってはそれ以上)となるケースが多いのです。

では、どの業者に依頼するのがおすすめなのでしょうか…?

 

トイレ詰まり解消に絶対おすすめなのはこの業者!【東京、埼玉の場合】

東京、埼玉に住んでいる場合、トイレ詰まり解消を依頼するのは「カッパ水道」がおすすめです。

おすすめできる理由はごくシンプル。

・安い(明朗会計)… ぼったくられ感無し!
・新設、丁寧   … 今後詰まりを回避するためのアドバイスまでしてくれる

 

ホームページを見ると「トイレ詰り7500円(高洗浄ポンプ)」となっています。もし便器を取り外ししたりする場合は、16,000円かかるようです。

我が家では2020年10月に「カッパ水道」に詰まり除去をお願いしたのですが、ローポンプ詰まり除去で対応できたようで、本当に7,500円(税別)で済みました。

3年ほど前にネットで調べて来てもらった業者には作業費として32,000円支払ったこともあり、その金額の違いに驚きました。

 

詳しい体験記(2020年10月)

2020年10月のある日、子どもが使用した後、我が家1階のトイレが久々に詰まってしまいました。

とはいえ、我が家には2階にもトイレがあるので、当初は私もあまり慌てることもなく、
「今まで幾多(7~8回ほど)のトイレ詰まりの窮地を救ってきた、パイプ洗浄剤ピーピースルーKとFがあるから大丈夫!」
と高を括っていました。

今回も数日に分けてピーピースルーFを0.5本、ピーピースルーKを1本強を便器に投入! しかし、なぜか一向に詰まりが直らず…。どうした、ピーピースルー兄弟!

しまいには飽和状態となったのか、投入した薬剤が便器内で溶けなくなってしまい、さすがに焦り始めました。

 

そこで、やむなくネットで業者を探したところ、どこのサイトでも「料金3,000円~」とか「見積もり無料」といった書き方をしており、訪問後に金額上乗せしようとする雰囲気がプンプン感じられました。

また、これだけ大体的にネット広告費用をかけているということは、料金も割高になるはずで、どうしても怪しさがぬぐえません。

※実際、3年前に対処をお願いした業者では、「薬剤導入(当時我が家には無かったピーピースルーF)で直れば3,000円」と言われたものの、結局すぐには直らず、高圧洗浄で詰まりを解消して、32,000円払うことになった苦い記憶が甦ります。

そこで、さらに詳しく調べると、7,000円程度で対応してくれるおすすめ業者として「しろくま水道」と「カッパ水道」という業者の名が出てくるではありませんか!

早速まず「しろくま水道」にTELしてみると、残念ながら現在私が住む市は出張対象外とのこと。ホームページを見ると埼玉全域と書かれていたのに…う~ん、残念!

そこでもう一つの候補、「カッパ水道」に電話してみると、本日中に来てくれるとの嬉しい回答。

夕方、我が家を訪問してくれたカッパ水道の作業員の方はとても感じがよく、事情を説明すると「分かりました!」と心強い返事で、早速詰まり解消作業に入ってくれました。

結果、なんと5分強ほどであっさり詰まりは解消!(高圧ポンプを使ったようです)

支払った料金は7,500円(税抜)でした!

帰り際、私が
「今日は助かりました。うちは本当にトイレが詰まりやすいので、またお願いすることがあるかと思います。その時はまたよろしくお願いします。」

と言ったところ、その作業員の方から返ってきたのは

「詰まらないのが一番ですよね。ピーピースルーを使うのもよいですが結構高いので、これこれこういったことに気を付けるとよいのですよ」

と、まるで商売っ気を感じさせない一言。それで商売大丈夫?とこちらが心配になるほど(笑)

 

「カッパ水道」の担当者が教えてくれたこと

・日頃から、トイレを流す時はレバー「大」で5秒ほど流す

・詰まったら、まず最初にラバーカップで解消を試みるのがよい

ラバーカップを押し付けた後、小刻みに引っ張る(一気に引き抜くのではなく)のがよいそうです。

確かに、その方が汚水の跳ねも少なくてすみますね。

 

 

なお、ピーピースルーFやKは汚物であれば溶解させる力がある一方、トイレットペーパーはなかなか溶かせないとのこと。

紙の流しすぎが原因と思われる時(おそらく今回はそのケースだったと思われます)は、ピーピースルーが効きにくいこともあるということも知っておきましょう。

我が家では、今までの実績(功績)を買って、ピーピースルーFとKは引き続き常備しておきます。

 

業者に頼む際は、ここに注意!

ネット上だと、「しろくま水道」が口コミでおすすめの業者という声があり、その信ぴょう性は高いと思われます。

ただ、「しろくま水道 トイレ」のキーワードで検索すると、あたかもしろくま水道のものであるかのように装ったウェブページに遷移し、その後、全く別の業者サイトに誘導されるようになっている場合がありました。

 

綺麗なホームページ(広告から誘導した先のページはランディングページと呼びます)で宣伝をしている業者は、最終的にかなり高額になる可能性がありますので、注意してください。

らおd